トヨタノアの色は何色が良い?好みを優先するとリセールが…

トヨタノアを購入する場合に最も悩むことの一つはボディーカラーでしょう。

ボディーカラーを考える際に最も大事なことは好みじゃないかなとは思います(^_^;)

好きでもない色にしたら後悔しちゃいますから妥協しないほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

リセールを考えると何色?

自動車はいつかは売る時が来ます。

一生ノアに乗るという方なら別でしょうが、ほとんどの場合はまだ乗れるのですが売ることになります。

ですからリセールを考えて色を選ぶということも一つです。

その場合に最も良いのはホワイトか黒になります。

他にも良い色があるのですが、白か黒が無難ということになるでしょう。

白や黒は汚れが問題

白や黒は無難ですが、汚れが目立つというデメリットはありますね。

余りマイカーを洗車しないという方の場合は白ですと余り好ましくはありません(^_^;)

黒も冬になるととても汚くなります。

冬は寒いので洗車も億劫になりますからどうしようもないかも。

ただ前述でも申しました通り、リセールでは黒と白が強いです。

それは万人向けだから売れる中古車なのです。

トヨタノアの色

・ホワイトパールクリスタルシャイン
※3万2400円高い(オプション)

シルバーメタリック

ブラック

ボルドーマイカメタリック

ダークシェリーマイカメタリック
※グレードG、Xのみ

オーシャンミントメタリック
※グレードG、Xのみ

ダークバイオレットマイカメタリック
※グレードSiのみ

【→実際の色はこちらで確認できます(トヨタノアHP)

トヨタノア人気色は何色?

ノアの人気色はやはりホワイトパールです。

ただこちらはメーカーオプションで3万円程度高いので基本色とも言えるホワイトが何故か高いのがデメリットでしょうか。

そしてブラックは多くの車種で人気がある色なんですが、ノアに関しては余り人気が無いようです(^_^;)

確かに黒のノアって余り見ないような気がしますね。

ファミリカーなので真っ黒なミニバンって嫌がる方が多いのかもしれません。

私も家族を乗せる車なら白とか明るい色の車で旅行に行きたいかなとか思っちゃいますね。

対して同じクルマ性能のヴォクシーはやっぱり黒が一番人気がある色になっています。

これはCMなどの影響もあるかもしれません。

ちょいワルなヴォクシーというイメージがあるので黒が一番人気ということなのでしょう。

ただヴォクシーもノアも色の選択肢・オプション内容は同じになっています。

避けたい色は何?

ノアで避けたい色はやっぱりオーシャンミントメタリックでしょうか。

こちらは悪い色ではないのですが、好みが分かれる色で将来売る時に欲しいという人がいるかなという話です。

緑系の色なので余り欲しい人は多くないと言えます。

ですからオーシャンミントメタリックならシルバーの方が良いと思います。

またベストは3万ちょっと高いですがホワイトにすることでしょう。

【→ノア値引き情報!】

※注意!あなたの車を下取りに出すのは損しますよ!

663もしかして、あなたは新しい車を買う場合に下取りに出していませんか?

もしそうだとするとかなり損をしている可能性が・・・。

下取りは買取価格が安いですし、よくタダで車を引き取るとか言われちゃうんですよね。

しかし古い車でもしっかりと価格が付く場合が多いですので、新車を買う場合は古い車を査定に出しましょう。

オススメのネット車査定をランキングで紹介しますのでご利用下さい。

1位かんたん車査定ガイド2位ズバット車買取比較3位カーセンサー.net
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの良さはすぐに買取額の概算額が分かることです。

車を売る場合にはいくらになるのか不安ですよね?

かんたん車査定ガイドは申し込んですぐにそれが分かって良かったです。
買取額も下取りよりも高かったですし、使ってみて満足感が高かったです。
a32
111

ズバット車買取比較
zbat
最近ズバット車買取比較も買取相場がすぐに分かるようになりました。

(申し込み後すぐに分かります)

ズバット車買取比較と言えば最も古い老舗の買取サイトなので高額査定の実績が違います!

愛車を高く売りたいあなたにオススメな買取サイトです。
a32
333

カーセンサー.net
car
カーセンサー.netはリクルートが運営するネット買取査定サービスです。中古車情報誌でもカーセンサー.netは有名ですよね。

こちらは最も大きな規模の会社ですから参加している買取業者も一番と言われています。

都市部では買取業者は多いのですが、地方では少ない地域もあります。

買取業者が少ないと高く売れない場合もありますから地方の方にはカーセンサー.netもオススメです。

買取額に納得がいかない場合、買い手が付かない場合など使ってみましょう。

222

お勧め記事(一部広告含む)