2016新型フリード情報※ターボ中止が確定、1.5Lハイブリッド発売

新型ホンダフリード情報です。

最新情報はこちら!

さてこれまではターボモデルが発売されるという情報でしたが、こちらが中止!

2016年に発売されるのは1.5Lハイブリッド1.5Lガソリン車になるようです。

発売日は2016年5月~夏?という曖昧な状況ですが、大丈夫でしょうか…?

2016年9月以降に発売が決定(仮)

スポンサーリンク

二転三転したがハイブリッドとNAでいくらしい

画像は現行車

画像は現行車

フリードに限らずいろいろな車種で二転三転の情報があり、混乱したところもありましたが、2016年前半には新型フリードは出るという見込みのようです。

新型フリードはハイブリッドで行くという情報元はHONDAのビジネスミーティングからということで、信ぴょう性というか製造元が発表した話のようですからほぼ間違いがない話のようです。

ターボは中止ですから待っていたという方は殘念ですね…。

新型フリード・ラインナップ

・1.5L・i-DCDハイブリッド

・1.5L・i-VTEC(ガソリン車)

ということでこちらのエンジンはいずれも現行のフィットと同様のものとなります。

フィットのエンジンを搭載したフリードが出るということになりますね。

また一部情報によると、フリードスパーダといったスポーティーな上級モデルが追加される見込みだということです。

ステップワゴン的なモデルの差別化がされるという形ですね。

フリードスパイクはどうなる?

現行のフリードの3列目がない車種がフリードスパイクになります。

3列目がないので大きなスペースが確保できるので気に入っている方も多いと思われます。

今回のフルモデルチェンジによってフリードスパイクは無くなる見込みだそうです。

その代わりにフリード自体に3列目あり(6人乗り・7人乗り設定)3列目なし(5人乗り設定)が選べるという内容になるようです。

そういったことで従来通りかなと言えます。「フリードスパイク」という車種はフリードに統合されて消滅してしまうようですが、ハイブリッドが選択できますのでこれまでの燃費性の悪さが改善されるということで期待です。

車中泊ができるのか?も注目点でしょうね。

価格はまだ未発表

価格についてはちょっとまだ分かっていません。

今の新型シエンタの直接的なライバル車ですから、大体価格帯は同じくらいになるのでは?と思われます。

大体シエンタくらいと考えて良さそうですね。

※注意!あなたの車を下取りに出すのは損しますよ!

663もしかして、あなたは新しい車を買う場合に下取りに出していませんか?

もしそうだとするとかなり損をしている可能性が・・・。

下取りは買取価格が安いですし、よくタダで車を引き取るとか言われちゃうんですよね。

しかし古い車でもしっかりと価格が付く場合が多いですので、新車を買う場合は古い車を査定に出しましょう。

オススメのネット車査定をランキングで紹介しますのでご利用下さい。

1位かんたん車査定ガイド2位ズバット車買取比較3位カーセンサー.net
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの良さはすぐに買取額の概算額が分かることです。

車を売る場合にはいくらになるのか不安ですよね?

かんたん車査定ガイドは申し込んですぐにそれが分かって良かったです。
買取額も下取りよりも高かったですし、使ってみて満足感が高かったです。
a32
111

ズバット車買取比較
zbat
最近ズバット車買取比較も買取相場がすぐに分かるようになりました。

(申し込み後すぐに分かります)

ズバット車買取比較と言えば最も古い老舗の買取サイトなので高額査定の実績が違います!

愛車を高く売りたいあなたにオススメな買取サイトです。
a32
333

カーセンサー.net
car
カーセンサー.netはリクルートが運営するネット買取査定サービスです。中古車情報誌でもカーセンサー.netは有名ですよね。

こちらは最も大きな規模の会社ですから参加している買取業者も一番と言われています。

都市部では買取業者は多いのですが、地方では少ない地域もあります。

買取業者が少ないと高く売れない場合もありますから地方の方にはカーセンサー.netもオススメです。

買取額に納得がいかない場合、買い手が付かない場合など使ってみましょう。

222

お勧め記事(一部広告含む)