エクシーガ クロスオーバー7も販売終了決定!どうなる?スバルのミニバン

スバルには1台だけミニバンがあります。それがエクシーガ クロスオーバー7です。

形だけ見るとちょっと大きいいつものスバル車という感じですが、現行車ではスバル唯一の3列シートのミニバンです。

例によって4WDのみでグレードも一つしかないという潔さでしたがついに2018年3月をもって生産終了の模様です。

スポンサーリンク

クロスオーバー7の後継車はなし!


さてこのクロスオーバー7が生産終了することでその代わりに新しい車種が出そうなものですが、どうやら今のところはその予定がないようです。

今後のスバルの新車種の予定(2018年度モデル)というのはアセント(全長5mを超える大型SUV)と新型フォレスターでSUVばかりです。

アセントは3列シート車でミニバンって言えばミニバンかもしれませんが、こちらは残念ながら巨大すぎて日本での販売はないようです。アメリカ向けのファミリーSUVとなります。向こうの人は大きいですから車も大きいのが好まれるのでしょう。

そういったことで今後はスバルはこのミニバンという市場からは完全撤退ということで間違いないようです。

販売店ではミニバンの要望が少なからずあるらしい

当然ですが販売店では「スバルってミニバンは無いの?」という要望はあるようですね。

これだけミニバンが走っている日本で需要が減っているとは言え要望はありそうです。

そういった場合にスバルではクロスオーバー7をオススメするしかないのですが、やはり顧客のイメージとしてはノアやセレナといった背が高く、スライドドア付きのミニバンというイメージで聞いてきてるんでしょうね。

さすがにクロスオーバー7ではその要望に答えることはできなさそうです。生産終了となったのも仕方ないのかなというところですね。

背の低いミニバンは消滅する

すでにマツダのプレマシー(日産ラフェスタハイウェイスター)やトヨタウィッシュなど背の低いミニバンは生産終了が決まっています。このクロスオーバー7も同様でこのタイミングで無くなるのは偶然ではなく「需要がないから」ということ以外に理由は無さそうです。

どうしてもスバルのような安定した4WD性能があるミニバンが欲しいという方には三菱のデリカD:5が良さそうです。

ちょっと車体が大きいというか背が高くなりますが雪国等では走破性が高く人気が高いミニバンです。

※注意!あなたの車を下取りに出すのは損しますよ!

663もしかして、あなたは新しい車を買う場合に下取りに出していませんか?

もしそうだとするとかなり損をしている可能性が・・・。

下取りは買取価格が安いですし、よくタダで車を引き取るとか言われちゃうんですよね。

しかし古い車でもしっかりと価格が付く場合が多いですので、新車を買う場合は古い車を査定に出しましょう。

オススメのネット車査定をランキングで紹介しますのでご利用下さい。

1位かんたん車査定ガイド2位ズバット車買取比較3位カーセンサー.net
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの良さはすぐに買取額の概算額が分かることです。

車を売る場合にはいくらになるのか不安ですよね?

かんたん車査定ガイドは申し込んですぐにそれが分かって良かったです。
買取額も下取りよりも高かったですし、使ってみて満足感が高かったです。
a32
111

ズバット車買取比較
zbat
最近ズバット車買取比較も買取相場がすぐに分かるようになりました。

(申し込み後すぐに分かります)

ズバット車買取比較と言えば最も古い老舗の買取サイトなので高額査定の実績が違います!

愛車を高く売りたいあなたにオススメな買取サイトです。
a32
333

カーセンサー.net
car
カーセンサー.netはリクルートが運営するネット買取査定サービスです。中古車情報誌でもカーセンサー.netは有名ですよね。

こちらは最も大きな規模の会社ですから参加している買取業者も一番と言われています。

都市部では買取業者は多いのですが、地方では少ない地域もあります。

買取業者が少ないと高く売れない場合もありますから地方の方にはカーセンサー.netもオススメです。

買取額に納得がいかない場合、買い手が付かない場合など使ってみましょう。

222

お勧め記事(一部広告含む)