スバル・エクシーガはミニバン?割りと嫌いじゃない車種です

スバルのエクシーガという車種はメーカーでは「ミニバン車ではない」と明言しているようです。

ただ3列シートで7~8人乗りの車ですから一応はミニバンと言っても良いでしょう。
※エクシーガは7人乗りです

エクシーガの3列シートはおまけ程度ではなく、しっかりと乗用できるタイプで中々使える”ミニバン”だと思いますよ。

スポンサーリンク

エクシーガの売りはアイサイト

EXI
→スバルエクシーガ公式HP

スバルと言えばアイサイトです。

現行の最新グレードは全てアイサイトが付いていて、4WD(AWD)というスバルらしい車種になっています。

価格は259万~302万円ということでそんなに高い車ではないところもポイントでしょう。

基本は2.5L水平対向4気筒エンジンです。

それに2.0L水平対向4気筒ターボエンジンが最上級グレードになります。

レヴォーグと似たような車種と思われるかもしれませんが、エクシーガの方が車高が高く車幅も広いのでミニバン寄りです。

ライバル車と言えばオデッセイ

最もスペックが似ているのはオデッセイでしょう。

オデッセイは昔から売れているミニバンでネームバリューがあり、売り上げではエクシーガが到底敵うような相手ではありません(^_^;)

ただそこはスバル車、車性能自体は冷静に見るとエクシーガの方が上でしょうね。

オデッセイが勝っているのは車内空間の作り方や内外装ということになります。

どちらも良い車で一長一短ありです。

スバル車のウィークポイントは内外装が普通なところです。

車性能第一でインテリアにお金を掛けない分、車体価格を抑えるという方針になっていると個人的には感じられます。

そういうコンセプトを求めている方にはエクシーガの方がマッチしています。

エクシーガの問題点

車性能が良いというメリットがありますがやはりミニバンとして設計されていないので、リアドアがヒンジドアでスライドではないというところがデメリットです。

スライドなら3列目も乗り降りしやすいでしょうが、ヒンジタイプだと普通車と同じ条件で3列目に乗らないといけないという感じです。

ですから何故3列目があるんだ?という話になっちゃいますよね。

ここがコンセプトとしてよく分からない部分です。

車内の居住性もそこそこあると言えますが、MAXの7人が乗車すると狭いと感じるのではと心配です。エクシーガは腰高と評判で車内空間が上手く使えていないというデメリットもあるようです。

ここは試乗してみないわからないでしょうが。

ただそれならレヴォーグやスバルのSUVでいいんじゃないか(^_^;)
あるいは他のミニバンという選択肢ですよね。

これが結論になりがちでしょう。

ただ悪い車では決してありません。

値引き状況によっては買いということもあります。

余り売れている車種ではないので車体価格の値引き+オプション等の交渉の余地アリです。

【→クロスオーバー7値引き情報】

※注意!あなたの車を下取りに出すのは損しますよ!

663もしかして、あなたは新しい車を買う場合に下取りに出していませんか?

もしそうだとするとかなり損をしている可能性が・・・。

下取りは買取価格が安いですし、よくタダで車を引き取るとか言われちゃうんですよね。

しかし古い車でもしっかりと価格が付く場合が多いですので、新車を買う場合は古い車を査定に出しましょう。

オススメのネット車査定をランキングで紹介しますのでご利用下さい。

1位かんたん車査定ガイド2位ズバット車買取比較3位カーセンサー.net
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの良さはすぐに買取額の概算額が分かることです。

車を売る場合にはいくらになるのか不安ですよね?

かんたん車査定ガイドは申し込んですぐにそれが分かって良かったです。
買取額も下取りよりも高かったですし、使ってみて満足感が高かったです。
a32
111

ズバット車買取比較
zbat
最近ズバット車買取比較も買取相場がすぐに分かるようになりました。

(申し込み後すぐに分かります)

ズバット車買取比較と言えば最も古い老舗の買取サイトなので高額査定の実績が違います!

愛車を高く売りたいあなたにオススメな買取サイトです。
a32
333

カーセンサー.net
car
カーセンサー.netはリクルートが運営するネット買取査定サービスです。中古車情報誌でもカーセンサー.netは有名ですよね。

こちらは最も大きな規模の会社ですから参加している買取業者も一番と言われています。

都市部では買取業者は多いのですが、地方では少ない地域もあります。

買取業者が少ないと高く売れない場合もありますから地方の方にはカーセンサー.netもオススメです。

買取額に納得がいかない場合、買い手が付かない場合など使ってみましょう。

222

お勧め記事(一部広告含む)