日産セレナe-Powerはどうなったのか?いつ発売するのかについて

そう言えば日産セレナe-Powerってどうなったんだろうか…?

2017年に発売されるという予定だったのは間違いありません。

しかし諸々の事情により発売が延びてしまい、2018年1月現在でもまだ発売になっていません!うーん。

ハッキリ言えば日産検査問題やセレナe-Power自体の開発の遅れが重なり発売が延び延びとなっている模様です。

しかし日産セレナe-Powerはついに発売される見込みです。その時期とは、

2018年3月予定のようです。

100%ではないもののついに発売されます。

スポンサーリンク

日産セレナe-Powerはすでに完成している?

日産セレナのe-Powerは当然ですがすでに完成していて後は発売するだけということが言えるでしょう。

2018年1月12日に開催した「東京オートサロン 2018」においてセレナ e-POWERのAUTECHバージョンがお披露目されています。

AUTECH仕様のセレナということで(トヨタに負けないほどの)ド派手さですが通常のセレナ e-POWERはガソリン車と外観はほぼ同じになるでしょう。

日産セレナのe-Powerの燃費は?価格は?

まだ発表がありませんがおそらく25km/L前後と言われています。

また今のところe-Powerには4WD設定がありませんので従来通りにFF(2WD)のみの発売になると思われます。

あとは価格についてですがこちらはちょっとお高めということですね。

発売日も100%決まっていないので何とも言えないのですが300万円オーバーからの価格設定となりそうだというのが今のところの情報です。

例えば他メーカーの最も安いモデルは

■ステップワゴンスパーダハイブリッドB・・・¥3,300,480

■ノア・HYBRID X・・・¥3,014,280

という価格設定になります。

ステップワゴンは上位グレードのスパーダのみなので安いグレードでもお高くなっています。

おそらくセレナe-Powerはこの間くらいなのかなと言えそうですね。

310~320万円くらいのスタートじゃないかと言われていますね。

セレナe-Powerは売れる?

セレナe-Powerは発売されればかなり売れると思いますね。

ステップワゴンのハイブリッドも価格が高いのですが売れ行きは好調ですからこのe-Powerもかなり受け入れられているのは間違いありません。

ノートe-Powerも発売した直後は驚くような人気ぶりだったのでこちらも初動は凄い、3ヶ月待ちとかになっても不思議じゃないです。

そもそも最近の日産は納期長めとなっていますからもしも買うということであれば早めに商談した方が良いでしょう。(まだ公式には一切アナウンスされていないものの)3月には発売予定なので日産のディーラーには聞いておいた方が良いですね。「商談できるようになったらすぐ連絡してくれ」という感じで連絡しておけば早めに検討できるでしょう。

※注意!あなたの車を下取りに出すのは損しますよ!

663もしかして、あなたは新しい車を買う場合に下取りに出していませんか?

もしそうだとするとかなり損をしている可能性が・・・。

下取りは買取価格が安いですし、よくタダで車を引き取るとか言われちゃうんですよね。

しかし古い車でもしっかりと価格が付く場合が多いですので、新車を買う場合は古い車を査定に出しましょう。

オススメのネット車査定をランキングで紹介しますのでご利用下さい。

1位かんたん車査定ガイド2位ズバット車買取比較3位カーセンサー.net
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの良さはすぐに買取額の概算額が分かることです。

車を売る場合にはいくらになるのか不安ですよね?

かんたん車査定ガイドは申し込んですぐにそれが分かって良かったです。
買取額も下取りよりも高かったですし、使ってみて満足感が高かったです。
a32
111

ズバット車買取比較
zbat
最近ズバット車買取比較も買取相場がすぐに分かるようになりました。

(申し込み後すぐに分かります)

ズバット車買取比較と言えば最も古い老舗の買取サイトなので高額査定の実績が違います!

愛車を高く売りたいあなたにオススメな買取サイトです。
a32
333

カーセンサー.net
car
カーセンサー.netはリクルートが運営するネット買取査定サービスです。中古車情報誌でもカーセンサー.netは有名ですよね。

こちらは最も大きな規模の会社ですから参加している買取業者も一番と言われています。

都市部では買取業者は多いのですが、地方では少ない地域もあります。

買取業者が少ないと高く売れない場合もありますから地方の方にはカーセンサー.netもオススメです。

買取額に納得がいかない場合、買い手が付かない場合など使ってみましょう。

222

お勧め記事(一部広告含む)