2018年9月トヨタシエンタがマイナーチェンジ※何が変わったのか?

2018年9月にトヨタシエンタがマイナーチェンジします。

2015年7月にフルモデルチェンジをして2代目となったので大体ですが3年振りの大改良となります。

内外装が改良されたということや新しいグレードが追加になったことでビッグマイナーチェンジと呼ばれています。

スポンサーリンク

シエンタがマイナーチェンジ※何が変わったのか?

※画像はマイチェン前のシエンタです

最も大きな変更点としては新しいグレードである「ファンベース」が追加になったことでしょう。

このファンベースは5人乗り仕様で7人乗りより若干ですが価格は安いです。

コンパクトミニバンとして販売されてきたシエンタとしては初の2列5人乗り仕様車となります。

ライバル車のフリードはずっと5人乗り仕様があったのでそれを意識しての追加グレードなのかもしれませんね。

ファンベースの最大の特徴はフラットな荷室?

※画像は先代フリード

このファンベースの最大の特徴はフラットな荷室にあります。

2列シートで後席のシートを倒した場合に広大な荷室ができます(※荷室長は約2065mm)。その荷室がフラットな床になります。

…これは何か聞いたことがある話ですが、先代のフリードスパイクは後席を倒すと完全なフルフラットな荷室になっていて「車中泊できるコンパクトカー」として一部では有名でした。

これを今回パ○ったのではないか?と思われますね。フリードスパイク並のフルフラットであれば人気が出そうです。何といっても現行車のフリードプラスはスパイク程のフルフラットではないため車中泊専用車とまでは言えなくなっているのです。

そこでシエンタ・ファンベースの人気が高まる!かもしれません。

その他の改良点は?

その他にも様々な改良点がありますが最も大きなものと言えばトヨタセーフティセンス装備でしょう。

マイチェン前はトヨタセーフティセンスCというやや簡易的な安全装備だったのですが、最近のトヨタは安全装備を見直して全車種で共通のトヨタセーフティセンスを装備させています。つまり上級モデル(クラウンなど)でも普通の車種でも同じ安全装備が付いているということです。

またハイブリッド車の燃費も27.2km/L→28.8km/Lと良くなっていてガソリン車も全般的に燃費が改良されています。

そしてトヨタのマイチェンは顔が変わることが多いですがシエンタも結構顔が変わります。

画像はちょっとまだないですがリンクしておきますね→新型シエンタ画像

※注意!あなたの車を下取りに出すのは損しますよ!

663もしかして、あなたは新しい車を買う場合に下取りに出していませんか?

もしそうだとするとかなり損をしている可能性が・・・。

下取りは買取価格が安いですし、よくタダで車を引き取るとか言われちゃうんですよね。

しかし古い車でもしっかりと価格が付く場合が多いですので、新車を買う場合は古い車を査定に出しましょう。

オススメのネット車査定をランキングで紹介しますのでご利用下さい。

1位かんたん車査定ガイド2位ズバット車買取比較3位カーセンサー.net
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの良さはすぐに買取額の概算額が分かることです。

車を売る場合にはいくらになるのか不安ですよね?

かんたん車査定ガイドは申し込んですぐにそれが分かって良かったです。
買取額も下取りよりも高かったですし、使ってみて満足感が高かったです。
a32
111

ズバット車買取比較
zbat
最近ズバット車買取比較も買取相場がすぐに分かるようになりました。

(申し込み後すぐに分かります)

ズバット車買取比較と言えば最も古い老舗の買取サイトなので高額査定の実績が違います!

愛車を高く売りたいあなたにオススメな買取サイトです。
a32
333

カーセンサー.net
car
カーセンサー.netはリクルートが運営するネット買取査定サービスです。中古車情報誌でもカーセンサー.netは有名ですよね。

こちらは最も大きな規模の会社ですから参加している買取業者も一番と言われています。

都市部では買取業者は多いのですが、地方では少ない地域もあります。

買取業者が少ないと高く売れない場合もありますから地方の方にはカーセンサー.netもオススメです。

買取額に納得がいかない場合、買い手が付かない場合など使ってみましょう。

222

お勧め記事(一部広告含む)