2019年1月にノア、ヴォクシー、エスクァイアを一部改良※トヨタセーフティセンス改良の内容

2019年1月にノア、ヴォクシー、エスクァイアを一部改良しましたね。

一部改良の内容については他サイトでもいろいろ解説されていると思いますので、当サイトでは余り触れたくない?安全装備についての話題を取り上げようかなと思います。

余り取り上げたくないのは何か気が引けたからでしょうか…?

スポンサーリンク

一部改良でトヨタセーフティセンスを格上げしたが…?

2019年1月のノア、ヴォクシー、エスクァイアの一部改良にて「歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用」というようにトヨタで発表がすでになされています。

Toyota Safety Senseというのはトヨタの安全装備なのですがちょっと前は

・Toyota Safety SenseC(下位モデル)

・Toyota Safety SenseP(上位モデル)

となっていたのを覚えている方はいらっしゃるでしょうか…?

今はこの名称を使うのをトヨタは辞めています。

で、今回一部改良にてノア、ヴォクシー、エスクァイアの安全装備の自動ブレーキのカメラが変わったんですね。

実は以前のモデルはToyota Safety SenseCでレーザーレーダー+単眼カメラの仕様だったのです。※こちらよりご覧ください。

そして今回の改良にてToyota Safety SensePの上位バージョンのカメラに切り替わって、昼間の歩行者検知をすることが可能になったという訳です。こちらはミリ波レーダー+単眼カメラという内容です。バージョンが上位モデルになったので安全性が上がって良かったという話ではあります。

ただし最新のToyota Safety Senseは第2世代へ

ただし最新のToyota Safety Senseは第2世代になっています。

ややこしい話ですが、Toyota Safety SenseCToyota Safety SensePという名称を辞めたのは第1世代の安全装備だからでしょう。

CとかPとか言わずに全てToyota Safety Senseと言ってしまえば誰もどの世代の安全装備なのか分からないですよね。ちなみにトヨタ・カムリは第1世代のToyota Safety Senseを装備しています。Toyota Safety SensePに準じるような内容だと思いますね。

一方、(カムリに比べると車体価格が安い)カローラスポーツなんかは新しいモデルなので第2世代のToyota Safety Senseで最新モデルとなっています。何が違うのか?と言えば歩行者と車両を夜間でも検知できるカメラを搭載しているということになります。

第1世代までは自動ブレーキのカメラをトヨタは他社製を使っていたのですが、第2世代ではついに自社製品(※子会社のデンソー製)を採用しています。こちらは高性能で世界でもトップクラスのカメラとなっていますね。

それだけに第1世代のカメラは若干見劣りしてしまうのです。今の所、ミニバンではアルヴェルに採用されていてノアヴォクシーにはちょっと高すぎるカメラということで見送られたのでしょう。

プリウスもマイチェンがありましたが搭載していないですし差別化はされていますね。

最新の安全装備の車種はまだまだ少ない

ノアヴォクシー、エスクァイアに最新安全装備が付いていないのでガッカリという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし最新安全装備は基本的には高級車のみの装備で現状では、

・MIRAI(水素燃料電池車)

・クラウン

・アルファード・ヴェルファイア

・カローラスポーツ

となっています。

なぜ200万円台のカローラスポーツに付いているのかは謎ですが発売のタイミングや世界戦略車であるからという理由からかもしれません。

そういうことなのでトヨタのほとんどの車種は現状ではまだ第1世代の上位安全装備であるToyota Safety SensePに準じるような装備が付いているということになります。

まあ、余り深く考える必要性もないとは思いますね。

※注意!あなたの車を下取りに出すのは損しますよ!

663もしかして、あなたは新しい車を買う場合に下取りに出していませんか?

もしそうだとするとかなり損をしている可能性が・・・。

下取りは買取価格が安いですし、よくタダで車を引き取るとか言われちゃうんですよね。

しかし古い車でもしっかりと価格が付く場合が多いですので、新車を買う場合は古い車を査定に出しましょう。

オススメのネット車査定をランキングで紹介しますのでご利用下さい。

1位かんたん車査定ガイド2位ズバット車買取比較3位カーセンサー.net
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの良さはすぐに買取額の概算額が分かることです。

車を売る場合にはいくらになるのか不安ですよね?

かんたん車査定ガイドは申し込んですぐにそれが分かって良かったです。
買取額も下取りよりも高かったですし、使ってみて満足感が高かったです。
a32
111

ズバット車買取比較
zbat
最近ズバット車買取比較も買取相場がすぐに分かるようになりました。

(申し込み後すぐに分かります)

ズバット車買取比較と言えば最も古い老舗の買取サイトなので高額査定の実績が違います!

愛車を高く売りたいあなたにオススメな買取サイトです。
a32
333

カーセンサー.net
car
カーセンサー.netはリクルートが運営するネット買取査定サービスです。中古車情報誌でもカーセンサー.netは有名ですよね。

こちらは最も大きな規模の会社ですから参加している買取業者も一番と言われています。

都市部では買取業者は多いのですが、地方では少ない地域もあります。

買取業者が少ないと高く売れない場合もありますから地方の方にはカーセンサー.netもオススメです。

買取額に納得がいかない場合、買い手が付かない場合など使ってみましょう。

222

お勧め記事(一部広告含む)