デリカD:5の4WDはどうなっている?こちらで解説中

デリカD:5に限らず自動車の4WDは専門的でよく分かりづらいところがあります。

同じ4WD表記でも中身は全く違いますし、各メーカー、各車種でそれぞれ性能が違うんです。

デリカD:5の4WDは性能が高い4WDに入ると思います。

スポンサーリンク

デリカD:5は電子制御4WD

デリカD:5の4WDは電子制御でトルクを自動で配分するという高度な4WDになっています。

世の中の4WD車の多くは前輪が滑ると後輪がやっと回りだしてアシストするという、簡易的な4WDが実は多いです。

もちろん、簡易的な4WDは安いので車体価格が抑えられるというメリットはあります。

また街乗りであればそういった4WDでも十分だという意見は多いです。

さて、デリカD:5の4WDはオフロード仕様なので本格的なものです。

走行の状況によって自動で最適な走りを実現するために、電子制御によってトルクを配分するということですから非常に素晴らしい4WDだと言えそうです。

こういう4WDというのはスバルのAWDと似ている感じはします。

デリカD:5は2WDへ切り替え可能

デリカD:5の特徴としては常に4WDではなくて、スイッチ一つで2WDのみに切り替え可能という点にあります。

D5D

例えば普通に街乗りをする場合は4WDは必要ないということになるでしょう。

燃料代節約もできます。

本格的な4WD車種にはこういった切り替えが付いていることがあります。

ジムニーなんかも現行グレードは確かあった筈です。

後輪がモータでアシストするような基本的にはFF車である4WD表記の車種にはこういった切り替えは絶対に?付いていません。

そもそもそういった車種はFF車なのです。

騙されているとは言いませんが(^_^;)、基本FF車を4WDと言って販売するのはどうかと個人的には思いますね。

4WDロックも有り

さてこのデリカD:5ですが、切り替えは【オート4WD】と【2WD】と【4WDロック】があります。

この【4WDロック】は完全なるフルタイム4WDで、常にその駆動性能を発揮するというモードになります。

山道で上り坂がキツイ、除雪されていない雪上を走るなど特殊な状況でも十分に対応できるという訳です。

また床が高いのは車の底面が地面に触れないためです。

自動車の底面が地面に接している状態ですと、当然に自動車は動けなくなります。

俗に言う「スタック」という状態です。
※車が身動きできないということ

例えばミニバンは車高が低い車は多いです。わざと低くしている方もいます。

そういう車は雪国では危険。スタックする可能性は高まります。

ですから雪国ではSUV車が有利になります。

デリカD:5も一応はSUV車です。(+ミニバン)

【→デリカD:5値引き情報】

※注意!あなたの車を下取りに出すのは損しますよ!

663もしかして、あなたは新しい車を買う場合に下取りに出していませんか?

もしそうだとするとかなり損をしている可能性が・・・。

下取りは買取価格が安いですし、よくタダで車を引き取るとか言われちゃうんですよね。

しかし古い車でもしっかりと価格が付く場合が多いですので、新車を買う場合は古い車を査定に出しましょう。

オススメのネット車査定をランキングで紹介しますのでご利用下さい。

1位かんたん車査定ガイド2位ズバット車買取比較3位カーセンサー.net
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの良さはすぐに買取額の概算額が分かることです。

車を売る場合にはいくらになるのか不安ですよね?

かんたん車査定ガイドは申し込んですぐにそれが分かって良かったです。
買取額も下取りよりも高かったですし、使ってみて満足感が高かったです。
a32
111

ズバット車買取比較
zbat
最近ズバット車買取比較も買取相場がすぐに分かるようになりました。

(申し込み後すぐに分かります)

ズバット車買取比較と言えば最も古い老舗の買取サイトなので高額査定の実績が違います!

愛車を高く売りたいあなたにオススメな買取サイトです。
a32
333

カーセンサー.net
car
カーセンサー.netはリクルートが運営するネット買取査定サービスです。中古車情報誌でもカーセンサー.netは有名ですよね。

こちらは最も大きな規模の会社ですから参加している買取業者も一番と言われています。

都市部では買取業者は多いのですが、地方では少ない地域もあります。

買取業者が少ないと高く売れない場合もありますから地方の方にはカーセンサー.netもオススメです。

買取額に納得がいかない場合、買い手が付かない場合など使ってみましょう。

222

お勧め記事(一部広告含む)